プライバシーポリシー
English
サイトマップ
会社概要 アクセスマップ お問い合わせ
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> 菜園日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/// 春風を連れてくるホタルイカ ///

30_20140316213934b77.jpg

春です。
ホタルイカが春を連れてきます。

今日は暖かい風が吹いてきました。春一番でしょうか?
 お客様の「旅の思い出帳」に画く墨絵を、春にしました。

31_2014031621401012e.jpg

しゃぶしゃぶで、酢味噌で、炊きあげで・・・。
菜の花と合わせて、『菜の花と蛍烏賊の春風スパゲティー』美味しいですよ。
近いうちに作って、春を味わいたいと思います。

32_201403162140429f4.jpg

あっ!、新聞の挿絵を今から画かなくては・・・。
酒粕の話にしたので、粕汁を画いてみます。
水曜日の朝野家香りの散歩道楽しみにして下さい。
スポンサーサイト

/// 正月準備ができました、皆様をお待ちしております。 ///

11_201312311739160f9.jpg

お正月まで後一日、朝野家は正月準備ができ、皆様のお越しをお待ちしております。
⇒予約はこちらへ

12_20131231174055ca0.jpg

27日 玄関に門松が登場。雪囲いも行いました。

13_20131231174207e2c.jpg

31日 玄関エレベーター花処に青竹としだれ柳で餅花を、ラウンジもかわいい餅花でお迎えします。
朝から朝野家・瑞宝園にある柳の枝を採ってきて、餅花用、めがね、頭、裾、それぞれに束ねていきます。

15_20131231174256f37.jpg

青竹には太い孟宗竹(もうそうちく)を利用して、頭、裾が差し込めるように節の間に穴を開け、水を入れて花器として使います。頭、めがね、裾を入れて水引で新春飾りを結びます。

16_20131231174406821.jpg

餅花も飾ると艶やかになります。

17_201312311752129ca.jpg

ラウンジの野立て傘にも・・・。

18_201312311745348ef.jpg

宴会場の水路にも門松と万年青を飾りました。

今夜に横綱型・めがね・大根・牛蒡・海老などそれぞれの型を調理場・大浴場・玄関・源泉など場所により飾り付けます。フロント正面には飾り餅も設置します。

今年の正月は晴れの様ですが、暖かい服装と冬タイヤの準備をお願いいたします。
 ⇒湯村温泉週間天気予報

/// 寒中見舞い申し上げます 無事に出発されました ///

11_201312291325296f2.jpg

昨日降った雪は65cm程、早朝5:00からブルトーザーで道開け、駐車場に止めてあった車はどれもフォルクスワーゲンのビートル状況で、50台近い車の雪おろしと配車はやっと11:00で終了しました。

12_20131229132604496.jpg

青空の下、見る雪はとても綺麗なのですが・・・。

13_20131229132641be9.jpg

近年、こんなに降るもは珍しいですね。
久々の雪景色の朝野家です。神様はちゃ~んとバランスを取ってくれているんですね。こんな雪深い所だから、高温の温泉をおまけがついてます。

14_20131229132819d94.jpg

駐車場の真ん中の雪をブルトーザーでとって、後は人海戦術で車が脱出できるように、運転席側と前側を取り除きます。

15_20131229132850210.jpg

フロントガラスに雪がたっぷり、傷つけないように注意しながら落とし運転しやすく水を掛けていきます。

16_201312291329191cd.jpg

昨日一日で雪が止み、今朝は青空。
綺麗というより、助かったという気持ち!!思わず空に「ありがとぉ~う」言っちゃいました。

/// 田んぼの中にいつも気になる人がいる ///

10_20130727160132.jpg

鳥取に国道9号線で行く時、童謡・唱歌の大黒さま・金太郎・はなさかじじいなどの作曲家「田村虎蔵」の出身地・岩美町馬場にがある。「大きな袋を 肩にかけ 大黒さまが きかかると~♪」。

この集落の大きなカーブを曲がる時、のどかな田園風景が広がってくる。その中に田んぼのあぜ道に、いつも人が見えて気になっていました。

11_20130727160214.jpg

少し時間があったので、田んぼのあぜ道に車を走らせました。

12_20130727161011.jpg

農道を歩いている人に、事情を聞こうと近づくと、いつも9号線から見える姿です。
案山子です。自転車に乗っているお父さんの後を、子供を乳母車にのせて付いていくお母さん。

14_20130727162121.jpg

麦わらにもんぺと前掛けで、乳母車を押しています。
押している足の角度、つっぱている両腕と軍手などこだわっていますね。

15_20130727162159.jpg

お父さんは自転車に乗っていますが、右に傾きながら、漕いでいる姿はまるで生きているようです。良いセンスしてますね。芸術感さえ感じます。何をするにも楽しいとか人を喜ばせるとか大事ですよね。

案山子といえば脚一本で立っているだけと思っていましたが、これならスズメやカラスも騙されるでしょうね。

16_20130727162239.jpg

反対の畔にも楽しそうな案山子があります。
車を移動して見に行きました。

17_20130727162314.jpg

新婚さんの様です。

18.jpg

新婦も新郎も毎日、稲の生育と働く人をじぃ~と見守ってくれてます。ほっとする景色と雰囲気、心からほのぼのしてきました。

湯村温泉内にも創れば面白いやろなぁ~、湯村温泉路地アートやってみます。

/// 庭木や露天風呂の木々に雪吊りを付け始めました ///

1_20121221185510.jpg

クリスマスもまだなのですが、昨日から庭師が入り庭木や露天風呂の木々に雪吊りを付け始めました。

山陰の雪は水分の多い牡丹雪など振るために、綺麗な枝ぶりも重さに耐えかねて折れてしまいます。
そこで庭木に枝を吊るための支えを付けていきます。雪国ならではの作業です。

3_20121221185612.jpg

いつもの年はクリスマス後に、門松や雪吊り、雪囲いをするのですが、今年は10日ぐらいに初雪があったので早めの雪吊りを準備しています。

2.jpg

藁縄の一方を束ね、丸太にくくります。

4.jpg

丸太を起し木の横に立てて、放射状に枝の角度と長さを見ながら縄で枝を支えていきます。。

5_20121221190601.jpg

長い枝は折れないように、幹から添え木をして、さらに縄で吊ります。

6.jpg

上から支えられた枝ぶりは、幾何学模様の様でなんと美しい姿を見せます。

7.jpg

いよいよ、新しい年に向けての準備が少しずつ出来ました。

 | HOME |  »

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

FC2ブログへようこそ!

RSS

管理者ページ


FC2Ad

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。