プライバシーポリシー
English
サイトマップ
会社概要 アクセスマップ お問い合わせ
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> 菜園日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日本海、冬の味覚の王様松葉ガニ漁が解禁になり、いよいよカニシーズンも本番。朝墅家では、調理長こだわりの松葉ガニ料理をいただけるということで、今回は、佐藤正晴調理長と一緒に浜坂漁港に行ってきました。

 さて、佐藤調理長が浜坂のカニにこだわる理由は?
 日本一の水揚げ量を誇ると言われている浜坂のカニ。浜坂ガニは、鳥取・大山の火山灰が隠岐島沖から但馬沖にかけて沈殿している地場の肥えたところに住んでいるカニです。また、海洋深層水といわれる、水深200メートル以下のカニが好むきれいな水の中に入れて港まで運ばれて来るので、生きたままの新鮮なカニが手に入ります。
 地元の漁港から仕入れることによって、新鮮なカニをお客さんに食べていただけるということなんです。

 佐藤調理長が、カニを調理する時に気をつけることとは?
生ものなので、鮮度が落ちないように手早く作業を終わらせること。死んでしまうと色も変色してしまうのだそう。そして、カニはデリケートなので丁寧に扱うことを心がけているそうです。
 なるほど、佐藤調理長のこだわりと愛情のこもったカニ料理がいただけるということですね!う~ん、ぜひ一度味わいたいものです!



スポンサーサイト

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

FC2ブログへようこそ!

RSS

管理者ページ


FC2Ad

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。