プライバシーポリシー
English
サイトマップ
会社概要 アクセスマップ お問い合わせ
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> 菜園日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今が旬!ふぐ料理

山陰地方、冬の味覚と言えばカニ料理ですが、日本海で穫れたふぐ料理もおすすめです!

 ふぐ料理は山口県、大阪府などの西日本を中心に作られており、太平洋戦争後に全国に広まったと言われています。ふぐ漁は寒さの厳しい冬場に最盛期を迎え、丁度今が旬の時期です。ふぐの白身には高タンパク質、低脂肪、そして皮にはコラーゲンも豊富に含まれており、肌の老化防止や抗がん作用にも効果がある健康・美容にも嬉しい食材だとか。また、オスの精巣「白子」は「白いダイヤ」と言われ、他にはない独特の食感が多くの人に好まれています。

 今回は、ふぐ料理定番のお鍋「てっちり」と刺身の「てっさ」。ふぐの部位によって柔らかさや味も違うので、一匹でいろんな味わい方があるようです。でも、やっぱり、一番素材の味が活かせるのが「てっちり」と「てっさ」。「てっちり」は、あっさり上品な味が楽しめます。「てっさ」では、板前さんの腕の見せ所。お皿が透けて見えるほどに薄く削ぎ、丁寧に盛りつけられた画は、まさに芸術作品です。てっさは調理する人によっては、歯ごたえや味なども変わってくるそうです。
 なるほど!カニもいいけど、この冬、贅沢にフグ料理も食べた~い!!



スポンサーサイト

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

FC2ブログへようこそ!

RSS

管理者ページ


FC2Ad

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。