プライバシーポリシー
English
サイトマップ
会社概要 アクセスマップ お問い合わせ
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> 菜園日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調理長とゆく ~天然わさびを求めて~

 天然わさびを求めて、佐藤調理長と村岡区熊波渓谷に行って来ました。
 わさびは、冷涼な気候を好み全国各地の谷間に自生したり、渓流に造成されたわさび田で栽培されています。水がきれいで水温が年間を通して13~16℃であり、水の量や流れの強弱が一定など、気候、水温、日照条件の環境を選ぶ作物です。
 わさび採取の一行が向かう熊波渓谷は、上流に向かうにつれ道は草木に覆われ、人を寄せ付けないほど。しかし、熊波川上流部は渓流と言うわりには比較的穏やかな流れです。清らかな水が辺りをひんやりとした空気に包みます。
 一行は川を登り、草木をかき分け道なき道をどんどん進みます。足下を注意深く探していきますが、なかなかわさびにはありつけません。容赦ない険しい道を歩き続ける事1時間半。もう無理かな…と諦めかけたその時、
>「あったぁ!!」span>
佐藤調理長の声が渓谷にこだまします。
「たぶん、これがわさび」といいながら根元から丁寧に抜くと、申し分ない大きさのわさびが顔を出しました。その近辺には自生するわさびが群落しており、念願の天然わさびを数本ゲットできました。天然わさびは養殖と比べて葉にツヤがあり、ツンとした独特の風味が強く上品な香りが漂います。
 わさびは料理の脇役だけど、ないと物足りない。ひと味もふた味も食を楽しませてくれます。苦労して採ったわさびはまた格別ですね。


スポンサーサイト

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

FC2ブログへようこそ!

RSS

管理者ページ


FC2Ad

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。