プライバシーポリシー
English
サイトマップ
会社概要 アクセスマップ お問い合わせ
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> 菜園日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

/// 夕涼みいかがですか? 湯村温泉内に縁台を設置しました ///

IMG_1349.jpg

湯村温泉観光協会では河鹿蛙の鳴き声にみみを澄ませて、自然涼を体験していただこうと20基の縁台と竹製うちわ600本を準備しました。

朝野家裏門横の古いお米屋さん。木製涼み台がれとるな雰囲気で良く似合う。 朝野家の中には懐かしいホーロー看板が50点。

img_986718_24557667_0.jpg

子供の頃を思い出すと旅館にだって冷暖房の設備がなく、夏は暑く、きつい日差しの中を寺の階段を走り上がったり、路地を走り回っていた。夜風呂に入り汗疹ができるからと天花粉をたっぷり塗られ、姿見鏡を見ると日焼けした体は、パンダのようになっていた。

夜になると春来川沿いの店や民家の前には、京都の床のようにすずみ台が並んだ。冷房がない時代なので夜の川風で体を冷やすためだ。ステテコ姿のおじさんたちが団扇片手に近所の人としゃべっている。


でも温泉橋ふもとの「梅の家」の前のすずみ台は、他それとは違っていた。大人たちがすずみ台を囲んでワイワイ言っている。時には喧嘩ごしで罵声が飛ぶ。

「ちゃうちゃう、そことちゃうでェ~」

「ほっとけェ~や、わしが指しとるだけェ~、わりゃ~後でせェ~や」

なんだろうと思い、大人の股座から覗き込むと、店前のすずみ台の上には裸電球が目にしみるぐらいの明るさで、将棋を指している少し赤ら顔のおじさんたちを照らし出している。しかもすずみ台に座っているのに、カッカして余計に熱くなっていた。「岡目八目」といって将棋をしている本人により、回り人のほうがはやし立てて楽しんでいる。

そんな夜も明けると、すずみ台は昼の顔になり誰が座ってもいいように、皆に開放された。子供の遊び場となり、土足で登って怒られたり、観光客の憩いの場になった。

IMG_1340.jpg

そんな賑やかさがなつかしい。節電の夏、ライトアップと河鹿の声、町に出かけて夕涼みいかがですか?

IMG_1339.jpg

以前に朝野家独自で町歩き企画をした時に寄贈したものもご利用ください。

IMG_1346.jpg

銀行ATM前にも設置






.
スポンサーサイト

コメント

=コメントの投稿=

管理者にだけ表示を許可する

=トラックバック=

http://saienblog.blog104.fc2.com/tb.php/135-6a1404e6

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

FC2ブログへようこそ!

RSS

管理者ページ


FC2Ad

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。